飛行機
虹と気球
  • BABY
  • 親子で赤ちゃんにご飯をあげている様子
  • 赤ちゃんが海水浴
  • 親子三人が仲睦まじい姿

ミルクを作るときには70度という温度を守らなければならないことは周知の事実ですが、どうして70度なのかについて、ここで解説するとともに、低すぎたり高すぎたりすることによる赤ちゃんへの影響や危険について説明します。

ミルク作りでは水が大事!

もくじ

ミルクは70度を絶対厳守!温度の低すぎ・高すぎで起こる赤ちゃんへの影響とは?

赤ちゃんに与えるミルクの温度は、70℃を絶対厳守しなければいけません。それはいったいなぜなのでしょうか。ここではミルクの温度が低すぎたり高すぎたりすることで起り得る、赤ちゃんへの影響についてみていきます。

ミルクの温度が70℃である理由

温度計と哺乳瓶

赤ちゃんに与えるミルクの温度は人肌よりもちょっと温かいぐらい約40℃が適温といわれています。よく哺乳びんから腕の内側に1滴ミルクを垂らして温度を見ているシーンがテレビなどに出てきますが「ちょっと熱めかな?」と思う程度が最適の温度です。

ただしミルクを調乳する際にはもっと高めの温度のお湯を使い、これを冷ましてから赤ちゃんに飲んでもらうことになります。ほとんどのメーカーでは作り方の「注意事項」として「70℃以上のお湯で調乳してください」と明記してあるのに気づかれたお母さん、お父さんは多いのではないでしょうか。

わざわざ70℃以上のお湯で作って40℃まで冷まそうとすると時間がかかるので毎日8回ぐらい調乳しなければならない親にとっては面倒な話ですが、作り方に「70℃以上」と書いてあるのはミルクが溶けやすい温度だからということではありません。

70℃より低い温度でミルクを作ると病原菌を十分に殺菌できない危険性があるため、どこのメーカーでもこういった指示を明記しているのです。

粉ミルクを70℃で作らない危険性

哺乳瓶についたばい菌

粉ミルクは免疫力が十分に付いていない赤ちゃんが飲むものですから殺菌などは製造の過程で十分に行われているにもかかわらず、粉ミルクを溶かす時点で雑菌が混入する、あるいは粉ミルク自体に雑菌が混入している可能性があることがわかっています。

粉ミルクに混入しやすい雑菌は「サルモネラ菌(Salmonellaenterica)」あるいは「サカザキ菌(Cronobactersakazakii)」と呼ばれるもの。サルモネラ菌はヒトの腸管内にももともと生息していますが、ミルクを作る段階で稀にこのサルモネラ菌が赤ちゃんの飲むミルクに混入する場合があります。ですからミルクの作り方にはよく注意して、安全なものを赤ちゃんの口に届けたいですね。ミルクの作り方自体はそれほど難しくないのですが、衛生面にはくれぐれも注意して哺乳びんの消毒などもこまめに行うことが大切です。

手を洗った後に使うタオルや何気なく哺乳びんの乳首を置いたまな板にサルモネラ菌が付着している可能性もゼロではありませんから、とにかく清潔な環境を心掛けるようにしたいものです。サルモネラ菌がついているのは牛肉や豚肉、鶏肉などの食肉の他に卵などがありますが、鶏肉は特にサルモネラ菌の汚染率が20~30%にも及ぶといわれているので、鶏肉を調理したまな板などはその辺に放置しておかずによく洗って乾かしておくことが大切です。

サカザキ菌のほうはヒトや動物の腸管内に存在する他、キュウリやレモン、とうもろこしなどといった植物にも見られる最近ですが、乾燥にも非常に強く、粉ミルク内にもごくわずかながら混入していることがあります。日本の粉ミルクの場合は333g中に1個ということですからこれだけで赤ちゃんが感染する心配はまずありませんが、大量のサカザキ菌に感染すると敗血症や壊死性腸炎を起こすこともありますので、粉ミルクを扱う際には清潔な環境を心掛けるようにしましょう。赤ちゃん用の食品だからといって全くの無菌ではないことは頭に入れておいたほうがいいでしょう。

ばい菌

感染が恐い病原菌ですが、ある一定の温度のお湯を使用すれば殺菌できるものが多いことも事実です。このため、粉ミルクには「70℃以上のお湯を使用する」という但し書きが明記されているわけなのです。

ミルクの作り方自体は簡単ですが、こういった細菌に感染しないようにするための配慮が何よりも大切です。哺乳びんはもちろんのこと、スプーンなども除菌しておけば間違いありませんが、時々はポットの注ぎ口や内部などもすっかり洗って衛生維持を心掛ければ万全です。人間というのはさまざまな雑菌と出会っていく中で免疫力を付けていくわけですから、あまり神経質に滅菌をするのも好ましくありませんが、やはり不衛生な環境は避けたいものです。

PAGE TOP